ふらっとTWIN 趣味日記  ~RnineTと暮らす~

愛車RnineT、MOTO GP、機械式時計の話題中心にふらっと綴っております。

Author : taki
京都府→千葉県に移住。
今はバイクありません・・・
ゴルフGTIに乗っています。

IMG_1974

DUKE390納車されてから、約一ヶ月。
時間が取れず、1時間程度のチョイ乗りを何度かするものの距離が稼げない状況でしたが、GWにようやく1日かけてのツーリングに出かけることが出来ました。

とにかく高速道路を使って街中を脱出しないと思い、多少の土地勘のある霞ヶ浦周りへ向かいました。

初の高速道路を常磐道で体験。
流石にGWとなると、渋滞が所々にありましたが、慣らし中の中型バイクでは、流れてさえいれはさほどのストレスも感じません。

というより70キロ以上になると、段々とグイッとアクセルを頑張って開けてる感を出さないと巡行出来ないのです。

慣らしということで、6000回転を上限目処にしていますが、DUKE390の場合は、リッターバイクのような乗り方は出来ません。
今までは発進してしまうと、とりあえず6速ホールド。チョイと加速感を味わいたい時のみ、シフトダウンしてコーナーを抜ける。ような走り方が染み付いていたようでしたが、とにかく少しアクセルを戻すと、すぐにガタガタ言い始めるので、積極的なシフト操作が必要です。

簡単に言うと、こんな感じ。

1速 10キロ台
2速 20キロ台
3速 30キロ台
4速 40キロ台
5速 50キロ台
6速 60キロ台

こんなこと考えたのは、免許とりたての時期以来かも。(笑)
だから、逆に70キロを超えるとグッとアクセルを捻らないとスピードが上がらないわけなのです。

高速道路は、走行車線を前車にくっついて流れに乗る走り方で充分と理解しました。


桜土浦インターで高速を降り、霞ヶ浦周りはワインディングこそ無いものの一般道は快走出来ます。
先程のスピードとギアの関係を確認しながら、DUKE390はまさに下道快速であると感じました。

とにかく、常に80キロくらいで流さないとストレスの溜まるドゥカティなどと違い、ただの下道で50〜70キロくらいまでの普通のペースで、相当にスポーティな走り方をしている気分を味わえるのです。

アイドリングでポンポン言ってる排気音は、官能的でも無く、迫力も無く、なんだか耕運機や芝刈り機を連想させるものなのですが、コーナー立ち上がりで加速すると、ダダダッとお尻に響くトラクションのかかり具合が気持ち良いです。

過去にシングルのバイクは、奥さん用にSRX400、
SRX600を乗っていたことがありますが、DUKEのエンジンはとにかく元気。
SRXは回しても、トトトッてあくまでジェントルな感じでしたが、DUKEはパンパンとエンジン内での爆発感がアイドリングからして感じられます。

道の駅で休憩中に、何処へ行こうか思案してると、近くの茨城空港が百里基地と滑走路を併用していることを知り、俄然テンション上がり向かいました。

takiは、エリア88大好き世代ですなのですが、当選、同じ新谷かおる先生のファントム無頼も愛読していたのでした。
あの、ファントムがいる百里基地がこんなに近かったとは!
DSC_0085


DSC_0090

残念ながら、動いてるのは民間機しか見れませんでしたが、ファントムの展示がありました。
正に、神田・栗田コンビの複座が目の前に!

誰にも理解されないであろう感動を胸に、ファントムが飛ぶ姿が見れる時間を調べて、また来ようと思ったtakiでした。


このツーリングでようやく積算300キロに到達。
まだまだ、慣らし完了の1000キロまでは遠いです。

そして、1日乗ってみると、色んなことを感じるわけで、早々と物欲がフツフツと...。(笑)
やはり、スクリーンは欲しいし、あとは...てな感じ。

まあ、ボチボチ楽しんで行きたいです。
とにかく、エンジン全開に出来るようにならないと、話になりませんね。
IMG_1970

ついにこの日がやって参りました。
約2年半ぶりに、バイク乗りに復帰です。
キリン風に言うと、アッチの世界からコッチの世界に帰って来ました。(笑)
IMG_1840

新しい相棒は、オレンジ色のコイツ!
KTM DUKE390。
ちなみに新車ですが、2016年モデルです。

まだ、真冬の年明けから、近場のバイク屋さん巡り、そして奥さんの説得工作は始まりました。

当初は、維持費を考えて250ccクラスでのバイク選びを考えていました。
置場の問題もあり、また、街乗りでも鼓動感を楽しめそうなスリムな単気筒エンジンから候補をピックアップしていきました。遠出のツーリングに行く時間もまあ、今は無いし。

CB250F
Z250SL
DUKE250

実は、この中でビビッと来たのは、Z250SLでした。
まるで、SDR200のようなスリムさ!

しかし、時期的にややこしいことに、CBとZは絶版決定しており、Zは新車が既に流通在庫のみという状況。
運良く実車は見れたものの、ポジションがあまりにスパルタン。そして、シングルシート(風)!

今回は、子供とタンデムするというのが、オフィシャルな目的としてありましたので、あえなく愛車候補からは脱落。

次に候補となったのは、CB250F。
新車在庫もあるものの、程度の良い中古車が丁度近くのドリーム店にあったのでした。
何とか奥さんの承諾を得るべく、一緒に見に行ったのですが、店頭で接客を受けている際に、えらく不機嫌となり不穏な雰囲気に...

強行突破するわけにもいかず、一旦退散。
改めて、機会を伺うも、程なく売約済みに。
また、振り出しに戻るのでした。

CBに関しては、新型CB250Rが5月頃に発売になるとのことで、CB250Fを新車で買うには気が乗らず、今度はKTMを見に行くことに。

DUKEは、以前に絶版となった200モデルに試乗したことがあり、好印象だったのですが、250については、390エンジンのボアダウン版と聞いてあまり良い印象ではなかったのでした。そもそも、新車では予算オーバーでした。

と、あまり期待してなかったtakiを出迎えてくれたのは、2016モデルのDUKE390。

結果的に、コレが運命の出会いとなるのでした。
2017年にフルモデルチェンジしていますから、型落ち車です。しかし、新型はえらくシート高が上がっていて、全く足が着かない状態。旧型じゃないと選択肢に入れようなかったのでした。

当初の計画からは、予算を大幅に上回ってしまいましたが、そこはお買い得な型落ちだったのと、何より内心250じゃパワーがチョット物足らんのではと思っていたのを、鋭く突かれた気分でした。
車格は全く250と390は一緒ですからね。

とは言っても、今のtakiには思ってもみなかった高額な出費となりますので、1週間は自問自答。(笑)
でも、どうしても欲しいという気持ちを確かめてから、改めて契約に至ったのでした。
IMG_1859

無事、サクラの散る前に納車。
うれしいですね!

まだ、20キロくらいしか乗ってませんので、インプレ出来る程ではありません。

ただ、約20年ぶりの中型車。
シフトの忙しいこと!(笑)
少し速度を落とすと、ギアも落とさないと加速しない。リッターバイクでは味わえない感覚が新鮮です。

ショップからは、慣らし運転はあまり気にせず、普通に乗っても良いと言われましたが、今は4000回転あたりを上限にしています。だから、尚更なんですけどね。

この走り方だと、クルマの流れに乗ったままで、丁度良いと言う感じ。回せばどこまで元気なのか?
早く確認したいですね。

今回は、ここまで。
もう少し乗れたらインプレしてみます。

IMG_1756

ブログって、しばらく放置しちゃうと、なかなか書けんもんですね。
あ〜もうダメと忘れかかっていたところ、この写真を実家で見つけてしまったのでした。

いや〜 懐かしい...
と勢いで、愛車シリーズでの久々のエントリー行ってみましょう。

さて、ヤマハのTRX850です。
ドカST2に乗る前の愛車ということになります。
恐らく、運用期間は97ー02年。
takiにとっては、初めての大型車であり、ツイン好きの方向性を決定づけたバイクでありますが、それ以上に生涯バイク乗りを決意させてくれた思い出深いバイクなのです。(今、バイク乗ってないけど!)

それまでに乗っていたのは、同じくヤマハのFZR250RR。今となっては、絶滅した250の4気筒車です。
素直なハンドリングで、バイクの乗り方を勉強させてもらったバイクでしたが、キーンという高回転域はともかく、通常の走行時にはなんともか弱いトルクのバイクでした。

それが普通だと思っていたtakiでしたが、
コーナー立ち上がりでの、大排気量ツインのトルク感にやられてしまったわけですね。

ドドドっとリアタイヤが路面を蹴るあの感覚です。

そして、初めて知った交通の流れを余裕でリード出来る大型バイクの持つスピード。

コレはヤメラレナイと思いましたね。(笑)


コレだけの走行性能があると、一気に行動範囲が広がり、色んなトコロへ行くようになりました。

京都起点ですが、
北陸、九州、四国、そして、飛行機に乗せての北海道まで行きました。

社会人になって、自分で稼ぐようになり、尚且つ、まだ時間にも余裕があったいい時期だったんだと思います。
IMG_1755

バイクのカスタムを覚えたのも、コレが最初でしたね。(単なる趣味に対する浪費癖とも言う)

ハンドルアップライザー(スペーサー)
マジカルレーシング スクリーン
フロントスタビライザー
SP忠男コンバットマフラー
φ39 FCRキャブレター

思い出すところでこんなもんですかね。
個人的にはFCR導入で、かなりやりきった感があったのですが、今思えば、足廻りが少しプアでしたかね?
走りに目覚めるのは、ドカに乗り始めてからの時代になります。

ま、ドカのパクリやら、低速の無いエンジンやら、あまり評価が高くはなかったバイクかもしれませんが、小柄なtakiにとってはなりよりも車格がピッタリ。
そして、あまり高性能過ぎない適度なパワーが気に入ってたんだと思います。
コレは今もバイク選びの変わらぬ指針です。

今でも、たま〜に現役のTRXを見かけると、それイイバイクですよね!
って声を掛けたくなります。

↑このページのトップヘ